読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

吐きだめ。

語彙力は旅に出ました

【感想】デジモンアドベンチャーtri 第2章 決意

その他


忙しくて今回は行くのをやめようかと思ってたんだけど、和田さんの件を知って急遽デジモンを観てきた。幸い延長もしていたし。
というわけで前回みたいにまた感想を吐き出します。
まとまりがないですがお許しを。
注:ネタバレめっちゃするよ!









涙腺最弱マンなのでもう最初のButter-Flyで前回同様泣く。むしろ前回以上に泣く。スクリーンの中で和田さんは生きていました。


今回のストーリーは、デジタルワールドで感染デジモンとなってしまったオーガモンとそれを止めるレオモンというシーンから始まる。
それからtriより登場した新キャラの芽心とメイクーモン含む選ばれし子どもたちが、ミミの提案で温泉テーマパークへ行く日常的コメディなシーン。
対して受験勉強に追われながら、デジモンと戦うことと自分の未来のことで悩む丈、そしてそんな丈を見守りながらも悩むゴマモンというふたりのシーン。
オーガモンが人間界に現れ、光子郎の指示を無視して戦い、散々な結果となってしまった上に学校生活でも空回りしてしまうミミのシーン。
月島総合高校の文化祭という平和な日常から、謎の男が歪みにメイクーモンを連れ去り、助けるためにレオモンとパルモンとゴマモンもその中に入ってしまい、謎の男が連れてきたインペリアルドラモンと戦うクライマックスシーン。
そしてまさかの展開…!
といった感じ。大まかに言えば。ポスターにもあるように、今回はミミと丈がメインのお話。
 

今回は日常パートが多かったので、ストーリーで印象に残ったところをピックアップしてみる。

ゴマモンが天使すぎる。丈が受験勉強に打ち込んでて忙しくて構ってもらえていないのに夜食のラーメンを作ってあげたり、携帯(まずゴマモン用の携帯があるのがかわいい)で忙しい丈の代わりにみんなと連絡をとっているのがもうなんだお前デキる嫁か?って思った。しかしもっとデキる奴が他にいた。  

テントモンが主婦すぎるというかむしろ主婦。光子郎はんのところに人がよく出入りするせいで、お茶出しやご飯作りがどんどん上手くなっている。すごく美味しそうな和食がテーブルに置いてあると思ったらテントモンとゴマモンだけがそれを食べていて「えっもしかしてそれテントモンが作ったの!?」と驚いた。でもそんなクオリティ高いご飯を作ってるのに食べてる本人たちは米粒を口の周りに付けていた(クソかわいい)

デジモン達が全体的にかわいい。ゴマモンとテントモンが可愛かったのは上で書いた通りなんだけど、今回デジモンみんながもう可愛くて可愛くて仕方なかった。パートナーたちが文化祭で楽しんでるのに自分たちはお留守番…ってなってみんなでレオモンに「連れてって〜!」っておねだりするのがもう…。しかもメイクーモンが超うるうるの顔で訴えてレオモンが心臓撃ち抜かれるんだけどわたしも一緒に撃ち抜かれた。ていうかネコ科であろうレオモンがメイクーモンに甘いの可愛いしレオモンのパパみな。
あと温泉テーマパークに行ったときにガブモンが毛皮脱いで入ってたんだけど、どうしても嫌みたいでタオル頭に被って隠してたの可愛かった。ガブモンで思い出したけど、文化祭に来たはいいがお金がなくてデジモンたち困るんだけど「きもかわキャラコンテスト」で優勝すれば屋台がタダって知ってみんなでそれに参加するんですよ。それでメイクーモンが優勝するんだけどその場に駆けつけたヤマトが「ガブモンは何位だ!?」というモンペ発言してて笑ったよね。ヤマトがガブモンを可愛がってることが分かったシーンでした。

光子郎がミミ好きすぎ。温泉テーマパークで浴衣を選ぶときにミミが「これにしたら?」って言ったらすぐ「そうします!」って言うし、文化祭のときデジモンたちと一緒に留守番してたのに、ミミが模擬店の喫茶店でチアガールみたいな格好してるんだけど、その写真を姫川さんが送ったらすぐ文化祭来るし。光子郎はん…。

ミミと芽心が百合っぽい(スマン)まずキャピキャピした女の子(ミミ)と地味で内気な女の子(芽心)っていう組み合わせの時点でクッソ可愛かったのに、ミミが提案したものを受け入れて恥ずかしい格好も一緒にしてあげる芽心がミミ大好きすぎるし、ミミに抱きつかれて顔真っ赤にする芽心も可愛すぎるし、光子郎はんに新たな敵現るって感じだった。 

タケルがチャラい。あの子、海外行ったときに女の子のほっぺにキスしたことあるじゃん(02のとき)もうそのときから予兆はあった。それにしてもヒカリちゃんに「タケルくんには気をつけてね」って言われるレベルだからヤバい。文化祭のときに芽心に対して「可愛いね、写メ撮らせてよ」はチャラい。温泉テーマパークでヒカリちゃんが転びそうになったときにすかさず助けたところもチャラい。アイツはヤバい。ヤマト頼むから奴を止めて。


作画の話。前回同様デジモンのシーンに力を入れているためか日常パートが止め絵多いなって思った。今回は前回よりも日常パートが多い分余計にそこが気になってしまった。
パソコンのディスプレイに口元だけを隠したり、後ろ向かせたり、手のイメージカット入れたり、工夫はしてるけど!スケジュールとかその他もろもろオトナの事情があるのはわかってるけど、もうちょっとなんとかなってほしかったな。
個人的には作画よりも音のズレが…うん…気になったかな…。ドア閉めてる音と閉めてる動きがズレてたり、音がして駆けつけるはずが駆けつけながら音がしてたりとか…時間が…なかったんだ…そうだ…きっとそう…(もうなんか公開日ズラしてもええんやで)

でもデジモンのバトルシーンは相変わらずかっこよかった。トゲモンがあんなにかっこよく見えたのはじめてかもしれないってくらいかっこよかった。
進化バンクもリリモンのがとても可愛くてこれもうなんかプリキュアやんけって思ったくらい。あとロゼモンのおっぱいめっちゃ揺れるの笑ったよね。
あとヴァイクモンが大きくて驚いた。インペリアルドラモンと同じくらいなのね。個人的にはずっと可愛い顔してるからって理由でゴマモンの進化系列が大好きなんだけど、ヴァイクモンも好きだって思った。かっこよかったなぁ。
でもバトルシーン尺がちょっと短いかなぁと思ったけどそれもオトナの事情なんでしょう、知ってる。(ロゼモンのおっぱい揺らす時間あるなら日常シーンもっと頑張れやなんて口が裂けても言えない><)


ラストシーンについて話します。ネタバレの嵐だから要注意。
謎の男って言ったけどそいつな、厨二男もとい賢ちゃんなんだよね。お前またなんでそんな厨二病こじらせてんだよって思ったんだけど、そういえばタケルたちジャスト中二なんだよね。今が正しいんだよね(?)本物かは分からないけどでも、1章のときに02の大輔たちがピンチみたいなシーンがあるんだよね。たぶんそこに繋がってくるのかな。
あと姫川さんは途中(メイクーモンをひとりにさせたあたり)から厨二…賢ちゃんがなりすましてるのかなって思ったんだけど、そもそもがもう姫川さん黒幕って感じなのかな?光子郎にミミの写真を送ったところからもうデジモンたちがひとりで出てくることを予測してそうしていたのかもしれないしな。あと立ち方変だしね(唐突に公式の立ち絵をdisる)
そしてメイクーモンが暴走したのかあれが本来の姿なのかは分からないけど、それに切り刻まれて消えちゃうレオモンな。待って。レオモンなんかした?どうしてこういつもレオモンのことひどい扱いにするの?デジモンのスタッフにレオモン似の人がいてそいつがクソだったとかそういうエピソードでもあるの?テイマーズのときですらレオモンの扱いひどかったよね?レオモンをいい加減に幸せにしてあげたいのでお嫁さんにください。


と、とにかくモヤモヤすることはいくつかありましたけど、次回のタイトルが「告白」なのとポスターがヘラクルカブテリモンと光子郎、パタモンとタケルというのとで色々気になるからたぶん次回もちゃんと観に行くと思います。そしてまたヘラクルカブテリモンの進化で泣くであろう。
まとまりがないですが、感想は以上です。見てくださった方ありがとうございました!ゴマモンとレオモン嫁にください!!